リタイヤ

過去のリタイヤ経験の頃の思い

リタイヤ

私は過去に限定的ですがリタイヤしていた時期があります(無職期間ともいう)

一度目は初めて入社した会社でいじめを受け続けて退職した後、バイトにつくまでの半年間。
二度目は前の会社で鬱病になるまで働いた後休職した半年間。
三度目は会社を辞めて専門学校に通っていた1年間。

合計2年間、私は労働についていない時期があります。

そしてその2年間は、私にとって最も幸せだった時期と完全に一致するのです。
要するに働きたくないんですね。
それもそうです、私は1度目の仕事は三交代勤務で大変に不規則な仕事でした。
二度目の仕事では設備導入計画が大幅に遅れその遅れを取り戻すために私は20時間勤務といった違法労働を繰り返して鬱病になったのです。

私が「リタイヤしたい!」と強烈に願ったのはその時期ですが、実際に不労所得を得て半リタイヤ状態だったのが、三度目の専門学校に通っていた時期ですね。

私は前の会社を鬱病になって退職しましたが、その時期に始めた手相鑑定が大ヒットし、それまでの私のサラリーマン収入をゆうに超える収入を得られるようになりました。
当時私は年収240万円といった赤貧生活でしたが、つらい仕事をせずに700万ちかいお金が入ってくるようになったのです。
この強烈な経験は私の人生観を完全に変えてしまいました。

だから私は、この時期のように自分の好きなことをして働き、暇な時間は自分のしたいことをするといった生活に強烈にあこがれるようになったのです。

ですが私は先述したように若い頃は生きていくので精一杯な程度の収入しかありませんでしたし、他人と比べると2年間サラリーマンをしていない時期の収入が抜けているわけです。
ですので私は貯金に関しては他人より相当に少なかった。

私はサラリーマン生活で挫折したことと、副収入を多く得られた過去から、なるべく早く社会を去りたいと願うようになったのです。

なので私は、サラリーマン生活を続けて収入を得ることと、不労所得を得て収入を底上げし、「はやめのリタイヤ」ができる生活をするために、今必死で貯金を貯めているという状態なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました