リタイヤ

会社依存の人間関係

リタイヤ

会社に依存しちゃいけない。
これは私が長年転職を繰り返すような人生を送ってきて得た結論なんだ。

私はアルバイトや派遣を合わせれば8回くらい転職してる。
正直、38歳でこれだけ転職回数が多いのはまずいよな。
リセット癖とでも言うんだろうか、自分はどうしても人間関係に躓きやすいことと、難しい仕事をこなすだけの地頭が無いってのが、一つの仕事を続けられない原因だと思う。

んで限界が来る度に会社を辞めるって結論になるわけだけど、それも38歳になると流石にもう限界だよなぁって思う。
だから何とか今の仕事はリタイヤ資金が貯まる45歳頃までは続けたいんだ。

社会に出てから一つの仕事を続けている人は、会社内での人間関係ってのが構築されてて、それに依存してる人も多いと思う。
でもね、これってすごく危険なことだから注意してね。
会社内で知り合った人とプライベートで交流があっても、あなたが会社を辞めたらその人達は潮が引くようにあなたから離れていく可能性が高い。
建前上は仕事上のつながりで無くあなたに魅力があるから付き合っているんだよ!といってくれているかもしれないけど、実際は仕事であなたの力が必要だから仕方なく付き合っているという考えの人は多いんだよ。

昔ね、うちの親父が定年したあと[昔俺が会社ですごく仲良くしていた人が富士山の麓に住んでるから、その人の家に泊まらせてもらおう」という話をしていたんだ。
でも結局その人に会いに行ったら、すごく邪険にされていた。
子供心にも邪魔者扱いという漢字が、相手の人の顔と、言葉遣いで分かった。
親父はすごく凹んでいたよ。

人間って結局利害関係で繋がっている場合が多くって、あなたを「利用できる」と考えているうちは愛想がいいもんなんだよ。
でもあなたに利用価値が亡くなった瞬間、手のひらを返すって言うのは往々にしてある。

私が昔生産技術/保全の主任と言うことで辣腕を振るっていた頃、私には結構人望があった。
職場の人とも結構上手く言っていたからね。
沢山の業者さんが私をしたって声をかけてくれたりして、すごく言い関係だと思ってたんだ。
でも設備導入の失敗により現場に飛ばされていたあと、私に声をかけてくれる人は一人もいなかった。
私はそのとき、人間ってのは結局利害関係だけで繋がっているものなんだなぁと痛感したわけだ。

悲しいけど、これが現実。
まとめるけど
・会社ではあなた自身を慕ってくれる人はまれ
・会社ではあなたの「立場」を慕って近づいてくる人はいる
 こういう人は、あなたがその役職を解かれたら、潮が引くようにいなくなる

この2つの人間をよく見極めること。
もしも「この人は前者だ」という人がいれば深く付き合えばいい。
でも九分九厘は後者だ。これは絶対忘れちゃいけない。

リタイヤ後も続く人間関係を築きたかったら前者と後者をよく見極めてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました