リタイヤ

リタイヤと私の半生1

リタイヤ

私は幼少期からあまり対人関係がうまくいかなかったことと、あまり頭がよい方ではなかった事から、社会にでてからまるで上手くいきませんでした。
学生時代は暴走族に集団リンチを受けたり、部活で毎日殴る蹴るの暴行を受けていました。
幼少期からいじめの対象になっていましたが、社会に出てからも当然のようにいじめの対象となり、苦い思いをしてきました。

転職を繰り返しながら社会の厳しさを身にしみて感じ、「早くリタイヤしたい」という思いを強く感じるようになったのが、20歳頃でした。

はじめの就職は工業高校を卒業後に就職した工場で、三交代勤務の夜勤で精神的に疲労してしまった事と、同期や先輩からのいじめ(物理的に殴る蹴る、無視、暴言など)で、社会に出て1年目で鬱病を発症。
そのまま退職する羽目になりました。

その後、資格をまるでもっていなかった私は再就職できず「自分は世の中に必要の無い人間なんだ」という思いが強くなり、田舎で農業でもやりながら自給自足の生活をして隠居生活するのもいいかもな・・・と思い始めたのが無職をしていた20歳の頃、という訳です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました