早期アーリーリタイヤを考える



逃げ切り計算機的なもの

会社に依存した人間関係なんて糞

タイトル代わりと過激かもしれませんが(笑)
まぁ私のように転職を繰り返してきたような人間にとって、会社の人間関係なんて何の価値もないもの、という考えに至ってしまった。

会社で培った人間関係というのは、大半がその会社を離れたら終わり、という性質のものですね。
特に辞める際にトラブルを起こして辞めていったような人はこの傾向が顕著で、その段階で?( ・´ー・`)ほとんど全ての会社関連の人間関係が切れてしまうと思った方がいい。

だからね、私は繰り返し言うんですよ。

「会社に依存しない人間関係を構築しておきなさい」と。

学生時代の友人との関係は、ずっと続けていく。
多少嫌な事があったとしても、竹馬の友とは長くつづくんです。
私は中学生時代の友人達と未だにコミュニケーションを取っていますよ。
まぁみんな独身の奴らばかりですし、付き合いやすいってのもあるんですがね。

またインターネットで人脈を作っておくのは大切ですよ。
たとえ会社を首になっても、インターネットでの友人がいれば、ひとりぼっちで寂しい思いをすることもないんです。

家族も大切ですよ。私破屋山子供は居ない独り身ですが、年老いた両親は心の支えになっています。

「俺は一人でも大丈夫さ」と田舎に家を買って畑耕して暮らすというのもいいんだけど、人間として産まれた以上どこかで人間とコミュニケーションを取りたくなる。
最低限のコミュニケーションが取れる相手というのを確保するためには、ある程度お金をかけることも必要だと思いますよ。

特にリタイヤした後にコミュニケーションが取れるような相手に対しては、お金を惜しんじゃいけません。

私は前職で苦楽を共にした一人の男性がいて、その会社の人間関係のほとんど全ては切れてしまったけれども、その人とは未だに関係が続いている。
その人とは特に気が合い、一緒に勉強をしたり、苦しい仕事を共に乗り越えた中だからこそ、会社を辞めた後も関係が続いているわけです。

こういう友をみつけるコツというのを教えておきます。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



[0]:リタイヤと私の半生1
[1]:リタイヤと私の半生2
[2]:リタイヤと私の半生3
[3]:リタイアと節約志向
[4]:リタイアと貯金
[5]:リタイアを断念したときの事を考える
[6]:リタイヤと副業
[7]:リタイアとお金のかからない趣味
[8]:リタイアと孤独を感じないための人間関係
[9]:リタイヤと圧倒的時間の暇つぶし
[10]:リタイアしてやりたいことをまとめる
[11]:リタイヤ後に旅行をしたい!しかし・・・
[12]:リタイヤと鬱病
[13]:働き続けることは幸せですか?
[14]:娯楽の世界
[15]:働くことが嫌で嫌で嫌で・・・
[16]:そもそもなんで働きたくなくなったんだろう
[17]:過去の激烈な成功経験が・・・
[18]:社会で生きていくための力不足
[19]:サラリーマンは現代の奴隷なのだ
[20]:現代の奴隷階級から抜け出すために
[21]:社会不適合者ははやめにリタイヤすべし
[22]:過去のリタイヤ経験の頃の思い
[23]:負け組の美学
[24]:時間だけが心の傷を癒やしてくれる
[25]:土日をアフィリエイトに費やしてしまった
[26]:アフィリエイトはリタイヤと相性がいい
[27]:リタイヤの本当の理由は人間関係
[28]:仕事で見てきた嫌な事の数々
[29]:リタイヤと心の傷
[30]:若い人に捧げる言葉
[31]:会社に依存した人間関係なんて糞
[32]:退職後も続く人間関係とは
[33]:毎日リタイヤについて調べる日々
[34]:体の強さ・弱さ

■関連画像
[会社に依存した人間関係なんて糞−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
リタイヤと私の半生1



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。