早期アーリーリタイヤを考える



逃げ切り計算機的なもの

社会不適合者ははやめにリタイヤすべし

社会不適合者の皆さん、お疲れ様です。
私も社会不適合者ですが、元気です(大嘘)
さてさて、私は何度も転職しているような糞ですが、サラリーマンがいかに奴隷かという事に関しては、下働きを20年以上続けてきたためによく分かります。

大企業の社員様の下で、毎日ゴミくず扱いされながら仕事をし続け、自分の存在意義がないんだなという事を身をもって思い知らされました。
毎日、10kgもの鉄の塊を、灼熱の炉の前で延々と箱詰めしたり、作業着をよごしながら便器の掃除をしたり、汚物にまみれたゴミを拾ったり・・・
そういったたぐいの仕事を延々と20年続けてきたわけです。

しかしあるとき、高位の資格を取得できた私は不思議な縁もあって大企業に転職することができました。
しかもそこそこの役職がつくような階級で、私にとっては地獄の底から引き上げられたような感覚だったのです。

ですが私は所詮専門学校卒業レベルの学力しか無い。
しかも、小学校・中学校と学業をおこたって参りましたから、一般的に入社試験で受けるようなspiや一般常識といったものがまるで解けないようなほど、学力レベルが低い人間でした。

当然周りは4大卒の学歴が高い人たちばかり。
記憶力も判断力も劣っており、なおかつ過去に鬱病になった事のある私は、考える力が非常に落ちていた。
そんな状態で、強い劣等感を抱えながらの仕事は苦痛で、どうしようもなかったのですね。

私は、底辺の仕事でもダメで、かつ大企業の社員でも仕事を勤め上げるだけの力が無かった。

そんな私はいつしか、社会人生活を早く終わらせる事だけが、私の人生をよりよくする方法なのだと気づいたわけです。

なにかの漫画にありましがた、「無能で活動的な人間はどうしようもない、処刑すべきである」という言葉がでてきましたが、過去の私がまさにそれで、自分が無能な人間だと気づかずに必死になって仕事をしていました。
それがかえって多くのトラブルを生じて、私自身を追い込んでしまった。
そのため、私は転職を繰り返さざるを得なかったという訳ですね。

私のように幼少期から勉学を怠ったような人間、コミュ力のない人間は、なるべく早くお金を貯めてリタイヤしてください。
多分ですが、それが唯一幸せになる道です。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



[0]:リタイヤと私の半生1
[1]:リタイヤと私の半生2
[2]:リタイヤと私の半生3
[3]:リタイアと節約志向
[4]:リタイアと貯金
[5]:リタイアを断念したときの事を考える
[6]:リタイヤと副業
[7]:リタイアとお金のかからない趣味
[8]:リタイアと孤独を感じないための人間関係
[9]:リタイヤと圧倒的時間の暇つぶし
[10]:リタイアしてやりたいことをまとめる
[11]:リタイヤ後に旅行をしたい!しかし・・・
[12]:リタイヤと鬱病
[13]:働き続けることは幸せですか?
[14]:娯楽の世界
[15]:働くことが嫌で嫌で嫌で・・・
[16]:そもそもなんで働きたくなくなったんだろう
[17]:過去の激烈な成功経験が・・・
[18]:社会で生きていくための力不足
[19]:サラリーマンは現代の奴隷なのだ
[20]:現代の奴隷階級から抜け出すために
[21]:社会不適合者ははやめにリタイヤすべし
[22]:過去のリタイヤ経験の頃の思い
[23]:負け組の美学
[24]:時間だけが心の傷を癒やしてくれる
[25]:土日をアフィリエイトに費やしてしまった
[26]:アフィリエイトはリタイヤと相性がいい
[27]:リタイヤの本当の理由は人間関係
[28]:仕事で見てきた嫌な事の数々
[29]:リタイヤと心の傷
[30]:若い人に捧げる言葉
[31]:会社に依存した人間関係なんて糞
[32]:退職後も続く人間関係とは
[33]:毎日リタイヤについて調べる日々
[34]:体の強さ・弱さ
[35]:お金のかからない人間関係
[36]:会社依存の人間関係
[37]:貯金と心境の変化
[38]:何故働くのかを在職中に考える
[39]:リタイヤ後の人脈の広げ方
[40]:リタイアと結婚
[41]:独身者のリタイヤのリスク
[42]:負け組のリタイヤ
[43]:リタイアと左遷
[44]:リタイヤと節約志向
[45]:リタイヤと株式・投資
[46]:リタイヤしてからやりたいことをやる
[47]:左遷されます・・・・
[48]:自分の人生は自分で決めなきゃな
[49]:仕事に生きがいを見いだせたとしても

■関連画像
[社会不適合者ははやめにリタイヤすべし−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
リタイヤと私の半生1
年齢別でリタイヤを考える
リタイヤ後やることリスト
リタイヤと株式投資



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。