早期アーリーリタイヤを考える



逃げ切り計算機的なもの

社会で生きていくための力不足

子供の頃から塾に通い、学校ではきちんと勉強して、多くの人たちの中でコミュニケーションを取り、地域のコミュニティーに参加して、友人もたくさんいて・・・
こういった人間としてきちんとした下積みをしてきた人間ならば、社会に出ていい会社に就職し、結婚し子供を育てて・・・という「当たり前の人生」を歩むこともできるでしょう。

ですが世の中には、私のように小学生時代から学業を怠り、友人も少なく、いじめをくらい、当然のように頭も悪く身体的にも強くなく、運動もできない。

このような人間ですから、一般企業で正社員として過酷な仕事をしていくだけの基礎的な力が無く、努力する事も難しい。
当然のごとく記憶力も理解力も悪く、仕事を覚えるスピードは人の半分以下・・・という状態になる。

なので仕事では失敗を連発し、信頼を失ってしまい、一つの仕事を長く続けることができないという状態になってしまう。

私のように頭の悪い人間・要領の悪い人間というのは、社会の中で生きてきてもつらい思いをするだけ。
なのでこのような人間は早めにお金を貯めて、社会から離れて畑でも耕して暮らした方が、よほど幸せに生きることができるでしょう。
要するに「身の丈を知る」ということです。

私はこの点を勘違いしてしまい、今は偉い目に遭っています。
私は第二種電気主任技術者というかなり難しい国家資格に合格し、この資格のおかげで大企業に転職できました。
ですが、私には上記にあるように基礎的な学力・理解力・記憶力に乏しく、更に前職から続く鬱病が頭の働きを悪くしてしまっている。
こんな状態で大企業に入ると、周りは当然のごとく4大卒業のエリート達ばかり。
そんなエリート達の中で、劣等感を感じながら生きて行かざるを得ないという訳。
これは正直厳しい〜

身の丈を知り、中小企業に入っておくべきでした・・・・。

<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



[0]:リタイヤと私の半生1
[1]:リタイヤと私の半生2
[2]:リタイヤと私の半生3
[3]:リタイアと節約志向
[4]:リタイアと貯金
[5]:リタイアを断念したときの事を考える
[6]:リタイヤと副業
[7]:リタイアとお金のかからない趣味
[8]:リタイアと孤独を感じないための人間関係
[9]:リタイヤと圧倒的時間の暇つぶし
[10]:リタイアしてやりたいことをまとめる
[11]:リタイヤ後に旅行をしたい!しかし・・・
[12]:リタイヤと鬱病
[13]:働き続けることは幸せですか?
[14]:娯楽の世界
[15]:働くことが嫌で嫌で嫌で・・・
[16]:そもそもなんで働きたくなくなったんだろう
[17]:過去の激烈な成功経験が・・・
[18]:社会で生きていくための力不足
[19]:サラリーマンは現代の奴隷なのだ
[20]:現代の奴隷階級から抜け出すために
[21]:社会不適合者ははやめにリタイヤすべし
[22]:過去のリタイヤ経験の頃の思い
[23]:負け組の美学
[24]:時間だけが心の傷を癒やしてくれる
[25]:土日をアフィリエイトに費やしてしまった
[26]:アフィリエイトはリタイヤと相性がいい
[27]:リタイヤの本当の理由は人間関係
[28]:仕事で見てきた嫌な事の数々
[29]:リタイヤと心の傷
[30]:若い人に捧げる言葉
[31]:会社に依存した人間関係なんて糞
[32]:退職後も続く人間関係とは
[33]:毎日リタイヤについて調べる日々
[34]:体の強さ・弱さ
[35]:お金のかからない人間関係
[36]:会社依存の人間関係
[37]:貯金と心境の変化
[38]:何故働くのかを在職中に考える
[39]:リタイヤ後の人脈の広げ方
[40]:リタイアと結婚
[41]:独身者のリタイヤのリスク
[42]:負け組のリタイヤ
[43]:リタイアと左遷
[44]:リタイヤと節約志向
[45]:リタイヤと株式・投資
[46]:リタイヤしてからやりたいことをやる
[47]:左遷されます・・・・
[48]:自分の人生は自分で決めなきゃな
[49]:仕事に生きがいを見いだせたとしても

■関連画像
[社会で生きていくための力不足−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
リタイヤと私の半生1
年齢別でリタイヤを考える
リタイヤ後やることリスト
リタイヤと株式投資



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。