早期アーリーリタイヤを考える



逃げ切り計算機的なもの

働くことが嫌で嫌で嫌で・・・

とにかく働くことが嫌で嫌で仕方ありません。

お金があればずっと家の中で暇つぶししててもやぶさかではない私。
漫画もネットもアニメも映画も小説もなんでも楽しめる今の時代。
絵も描きたい、字も上手くなりたい、もっと色々勉強したい。

でも普段の仕事が邪魔をして、それらの事をあまりできないでいる。

人間ってなんのために産まれてきたんでしょうね。
一般的に成功しているような人はいい会社に就職し、家庭を持ち嫁さん子供を養い親の面倒をみて・・・という生き方が「産まれてきた意味」なんでしょうけど。
私のように人生の落伍者にとっては仕事とはお金を得るためだけのものであり、それ以上でも以下でもない・・・というとちょっと言い過ぎかもしれませんが(笑)

今の私は資格を生かしてそこそこいい会社にいますが、7年後をめどに辞めようと決意しています。

今は年収500万をこえるか?といった所ですので、これにアフィ収入を少々足して年間350万くらいは頑張ってためていきたい感じ。
そうなると45歳頃にはギリギリリタイヤできるかな?という感じにはなりそうなんで、そのあとはもう、なんか社会から離れて、自分のやりたい事をやって生きる。
逆に言えばこれから7年間はお金と経験のためだけに働いていくので、タイトルのように「嫌で嫌で嫌で仕方ない」んですよね。

本当に、ゴミカスのような私ですが、このように仕事に対して全くやる気を失ってしまったのにも理由ってのがあるんですよね。
次のコラムでは私が早期リタイヤをしたいと切実に思うようになった原因を、ちょっとばかり探っていきたいと思います。


<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



[0]:リタイヤと私の半生1
[1]:リタイヤと私の半生2
[2]:リタイヤと私の半生3
[3]:リタイアと節約志向
[4]:リタイアと貯金
[5]:リタイアを断念したときの事を考える
[6]:リタイヤと副業
[7]:リタイアとお金のかからない趣味
[8]:リタイアと孤独を感じないための人間関係
[9]:リタイヤと圧倒的時間の暇つぶし
[10]:リタイアしてやりたいことをまとめる
[11]:リタイヤ後に旅行をしたい!しかし・・・
[12]:リタイヤと鬱病
[13]:働き続けることは幸せですか?
[14]:娯楽の世界
[15]:働くことが嫌で嫌で嫌で・・・
[16]:そもそもなんで働きたくなくなったんだろう
[17]:過去の激烈な成功経験が・・・
[18]:社会で生きていくための力不足
[19]:サラリーマンは現代の奴隷なのだ
[20]:現代の奴隷階級から抜け出すために
[21]:社会不適合者ははやめにリタイヤすべし
[22]:過去のリタイヤ経験の頃の思い
[23]:負け組の美学
[24]:時間だけが心の傷を癒やしてくれる
[25]:土日をアフィリエイトに費やしてしまった
[26]:アフィリエイトはリタイヤと相性がいい
[27]:リタイヤの本当の理由は人間関係
[28]:仕事で見てきた嫌な事の数々
[29]:リタイヤと心の傷
[30]:若い人に捧げる言葉
[31]:会社に依存した人間関係なんて糞
[32]:退職後も続く人間関係とは
[33]:毎日リタイヤについて調べる日々
[34]:体の強さ・弱さ

■関連画像
[働くことが嫌で嫌で嫌で・・・−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
リタイヤと私の半生1



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。