早期アーリーリタイヤを考える



逃げ切り計算機的なもの

リタイヤと鬱病

リタイヤをしたいという人にはいろいろなパターンがあると思います。

多額のお金をはやい時期に蓄えることができた人。
私のように社会不適合者で鬱病を患ってしまったような人。
投資で成功した人などなど。

私は社会で働いて行くには精神があまりにも脆く、責任を負うような仕事は正直向いていないです。
なので私は「いかに早く社会から離れることができるか」という事が重要で、それが自分の寿命に直結していると本気で思っています。

人間の精神力というのは限界があり、過度なスケジュールの仕事に追われたり、過大なストレスがたまると、徐々に消耗していきます。
問題はこの精神力の最大値は一度減ってしまうと、戻すためには多くの時間を必要としてしまう。

私の場合、25歳頃に苛烈なスケジュールの仕事をすることになり鬱病になりました。
その後、38歳現在に至るまで鬱病は完治しきらず、「精神力の最大値が減ってしまった」状態になっています。

けれども、休職をしていたり、フリーで仕事をしてストレスフリーであった時期には、この精神力の最大値が少しずつですが回復しいました。
なので私は、なるべく早く社会から離れ隠居生活をし、精神力を取り戻して自分のやりたいことをやりたい。
そのためには、どんな努力もしよう、と思っています。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>



[0]:リタイヤと私の半生1
[1]:リタイヤと私の半生2
[2]:リタイヤと私の半生3
[3]:リタイアと節約志向
[4]:リタイアと貯金
[5]:リタイアを断念したときの事を考える
[6]:リタイヤと副業
[7]:リタイアとお金のかからない趣味
[8]:リタイアと孤独を感じないための人間関係
[9]:リタイヤと圧倒的時間の暇つぶし
[10]:リタイアしてやりたいことをまとめる
[11]:リタイヤ後に旅行をしたい!しかし・・・
[12]:リタイヤと鬱病
[13]:働き続けることは幸せですか?
[14]:娯楽の世界
[15]:働くことが嫌で嫌で嫌で・・・
[16]:そもそもなんで働きたくなくなったんだろう
[17]:過去の激烈な成功経験が・・・
[18]:社会で生きていくための力不足
[19]:サラリーマンは現代の奴隷なのだ
[20]:現代の奴隷階級から抜け出すために
[21]:社会不適合者ははやめにリタイヤすべし
[22]:過去のリタイヤ経験の頃の思い
[23]:負け組の美学
[24]:時間だけが心の傷を癒やしてくれる
[25]:土日をアフィリエイトに費やしてしまった
[26]:アフィリエイトはリタイヤと相性がいい
[27]:リタイヤの本当の理由は人間関係
[28]:仕事で見てきた嫌な事の数々
[29]:リタイヤと心の傷
[30]:若い人に捧げる言葉
[31]:会社に依存した人間関係なんて糞
[32]:退職後も続く人間関係とは
[33]:毎日リタイヤについて調べる日々
[34]:体の強さ・弱さ
[35]:お金のかからない人間関係
[36]:会社依存の人間関係
[37]:貯金と心境の変化
[38]:何故働くのかを在職中に考える
[39]:リタイヤ後の人脈の広げ方
[40]:リタイアと結婚
[41]:独身者のリタイヤのリスク
[42]:負け組のリタイヤ
[43]:リタイアと左遷
[44]:リタイヤと節約志向
[45]:リタイヤと株式・投資
[46]:リタイヤしてからやりたいことをやる
[47]:左遷されます・・・・
[48]:自分の人生は自分で決めなきゃな
[49]:仕事に生きがいを見いだせたとしても

■関連画像
[リタイヤと鬱病−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
リタイヤと私の半生1
年齢別でリタイヤを考える
リタイヤ後やることリスト
リタイヤと株式投資



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。